伊豆の海は大変きれいなので夏休みにおすすめ。

 

伊豆は海が綺麗なことで知られている。
関東から近いことから東京や神奈川県を始め、山梨や中部圏からも訪れる人が多い。

伊豆の海は湘南とは違い、工業地帯もなく、また大きな川もないことから水がきれいである。
透明の海水が多いので、どこに行っても綺麗である。

 

伊豆は半島であり山があるため、川の水に生活排水がすくない。
そのため海にも綺麗な水が流れる他、潮の流れの強い太平洋の影響を受けるので海水も流れやすい。

 

そのため台風の影響を受けやすい面はあるが、砂なども塩の流れで流してくれるので良い透明度を誇るだろう。
夏休みに海に行くなら伊豆である。

 

そして伊豆に行くなら一泊して海を眺めるなどしてほしい。
ここは全国でも素晴らしい眺めの伊豆の高級宿が豊富である。

伊豆のオーシャンビュー高級旅館として熱海、伊豆北川伊豆稲取、今井浜、河津、下田が有名。
この付近の高級旅館に宿泊すれば、海を見ながらオーシャンビューを楽しめるに違いない。

伊豆のオーシャンビューを楽しめる高級旅館に泊まれば、眺望に満足できる他、海が近い宿が多いため、帰りに海水浴もできるだろう。
ただ宿によっては海水浴の格好では入れないため、宿泊の翌日に立ち寄るなどの方法を取るべきだろう。

 

話を戻すと伊豆の海で特にどこが綺麗なのかといえば、

 

  • 沼津
  • 川奈
  • 熱川
  • 今井浜
  • 下田白浜
  • 下田外浦
  • 下田鍋田浜
  • 吉佐美浜
  • 堂ヶ島
  • 土肥
  • 小土肥
  • 戸田
  • 大瀬崎

このあたりの伊豆の海は大変きれいである。
そのため夏休みに行くと良いだろう。

 

特に沼津は穴場である。
沼津といっても沼津港のある都会部分ではないので注意。

行くべきは内浦・西浦〜大瀬崎の田舎の地域である。
この付近は大変綺麗なので、いい場所である。

 

また戸田も海がきれいである。
ここは戸田湾という波の小さい場所なので、子供も良いだろう。
戸田湾は内側の湾なので、外側の駿河湾側の影響を受けにくい。

 

また下田の白浜もいい。
ここは有名な伊豆の海であり、夏休みは多くの人で溢れかえる。

ただここはコバルトブルーになるような青みがかった透明な海なので、
きっと伊豆へ旅行へ来たと満足できるだろう。

 

 

穴場は堂ヶ島である。
ここには乗浜海水浴場という穴場がある。

堂ヶ島は波が強く、海が荒れると大荒れになる。
だが、堂ヶ島の乗浜は堂ヶ島の岩に囲まれているので、ここは波が小さい。

 

また東京からアクセスが悪い分だけ、人が少ない場所なので快適である。
さらに国道沿いにあるので車でのアクセスもしやすい。

 

伊豆の海は夏休みにおすすめできる場所が多い。
もちろん千葉の海もいいが、伊豆の海を楽しんでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金持ちが多いのは庭が広い住宅

 

news.yahoo.co.jp

地方にもお金持ちがいる。
かつて「にしん御殿」「はたはた御殿」と言われるように、地方にはその特産物を生かしてお金持ちになった人たちがいる。

 

多くの人が勘違いをしやすいのは東京に来ればお金持ちにになれるということ。
間違いではないが、正解でもない。

 

地方には一次産業があるが、一次産業の方が生活に欠かせないものである。
三次産業はその名の通り、三次である。

 

この一次、二次、三次は生活に必要な順番と言ってもいい。

 

つまり、現在では地方で生産されるものの方が人間にとって必要なものが多く、都会で生まれる三次産業はその一次産業があってのことでもある。

 

だから、一次産業のほうが人間の本質に近いのである。
三次産業は便利なものであるため、本質からは外れている。

 

ただ三次産業の方が組織化、効率化しやすいため大成功しやすい傾向がある。
つまり、会社化やシステム化しやすく、大規模な供給をしやすい。

 

例えば、通販などがこの例にあたる。
この通販は一つのサイトで全国に24時間情報を届けることができる。

 

これによって物理的な供給に左右されないため、大金持ちになりやすいのである。

 

そして、話を戻すとお金もちが多いのはどこか。
それは庭が大きな住宅である。

 

かつてのニシン御殿などのようにお金持ちには庭が広い。

家が大きくても庭が狭い家よりも、庭の広さに財布の大きさが現れる。

 

一方、都会の一等地でも三階建の家は庶民である。
世田谷や大田区に一軒家の庭付き、車庫が複数ある家は裕福であるが、都会に住んでいるからと言ってお金持ちではないのである。

 

意外と庭が広く、日本庭園があり、鯉が泳いでいるような家はお金持りである。
こういった生活と無関係な箇所にお金をかけている家はお金持ちの可能性が多い。

 

特に地方の一軒家などにはこういった家が多いが、何かの一次産業で成功した可能性がある。

 

地方のほうが自由度が高いため、お金持ちになるには地方のほうが面白いことは多い。
自然のものがあるため、ある意味無料のものも多い。

 

地方で地場を生かしたものを東京へ持って来られるかが勝負になるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神奈川県の一人暮らしに便利な地は「川崎市多摩区」

news.allabout.co.jp

意外と穴場だと思う住宅地は川崎市多摩区
ここは以前友人が住んでいたが、比較的便利らしい。

 

多摩区小田急線の登戸や京王線の京王稲田堤、こういった駅がある。
ここは小田急線の快速急行が停車し、京王線なら特急も停車する大きな駅でもある。

 

都心までの距離が近く、通勤も便利らしい。
小田急線なら40分ほど、50分ほどらしく、都心へ出やすい場所にある。

 

また土日なら登戸駅からは約20分、京王稲田堤からは20分ほどと近いため、都心へ出ることが多い若い人にも人気がある街だ。
便利さは若い人が街を選ぶ上で重要らしいが、それを満たしている。

 

ただ街としてはおしゃれではないらしい。
登戸駅は主に小田急線と南武線の乗り換え駅となっており、居酒屋や飲屋街が多い。
少しディープな印象を受ける人もいるから、家族連れは向かないかもしれない。

 

京王稲田堤も同じく、南武線との乗り換え駅で、北口と南口から多くの人が歩いている。
ここは乗り換えが不便でかつて駅を隣接させることを商店街が反対したらしい。

 

ただどちらも住宅街とは異なり、下町らしい雰囲気や商店街のような活気はまだある。
住宅街のような静けさがないが、若い人の好きなチェーン店やお店はあるのである。

 

 

買い物についてもスーパーは多い。
まず買い物難民になることはなく、この登戸駅と京王稲田堤なら大丈夫だろう。

 

ただ京王線の稲田堤はやや評判が悪いようで駅直結のスーパーは品揃えが良くないとか色々聞いている。
南武線のほうにもスーパーがあるが、一般的なスーパーである。

これは登戸も同じであり、駅直結のスーパーがあるが一般的だ。

 

登戸駅は駅から多摩川が近いため自然が近い。
また京王稲田堤も多摩川まで近いため、両駅とも自然環境はいい。

 

治安については意外といい。
川崎市について誤解をしている人は多いが、川崎市は西へ行くほど治安が良く、東に行くほど治安が悪いと言われる。

 

登戸駅と京王稲田堤は同じ川崎市でも治安は良い方である。
ただ安全というわけではなく、住宅地でも道を中に入れば暗い場所もあるので注意が必要である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生が大学の近くに住むのは良くない

 

高校を卒業して大学生になる頃に「どこに住もうか」は問題になる。
ただ1つ言えることは大学の側に住むという発想はあまり良く無い。

 

実は大学に近い場所に住むと「ダレてしまう」という悪影響がある。
意外と大学生はこの緩みに弱く、もし本人や親御さんが気にしていたら気をつけて欲しい。

 

私が大学生の頃には大学の近くに住んでいる友人がいた。
その友人は大学へは上京して来たのだが、住居を選ぶ際に近い場所を選んだようだ。

 

ただ大学が始まって進んでいくにつれて、大学に遅刻するようになってきた。
一限目は特に起きられないなどの理由で遅刻して、気がつくと来ない日もみるようになってきたのだ。

 

そんなある日、大学近くの街で本人に偶然であって聞いたのだが、退学してしまったらしい。
大学の単位が全く取れずに生活もぐちゃぐちゃだったようだ。

 

友人の間ではパチプロになったとか色々聞いたが、本当のことはわからない。
ただ大学生活はかなり怠けたものになってしまった。

 

 

他にも友人がいたのだが、その友人も大学近くに住んでいた。
彼は大学はなんとかしっかりとこなしていたが、気がつくと家が友人の溜まり場になったらしい。

 

大学のサークルなどの友達が遊びに来るということで、よく人が出入りしていたらしい。

 

話をまとめると、最初の友人は大学が近すぎたことで生活リズムがだれてしまい、大学へ来ることも減ってしまった。
結局退学したらしく、大学生活がつまらなくなったようだ。

 

大学があまりに近いと意外と刺激がなくなる。
徒歩で行けるだけ大学が近いと、意外と人は大学へは行かなくなるようだ。

電車で2〜3駅の方が刺激になるし、遅刻してはいけないと時間を気にするようになる。
またバイトをしていても特に一人暮らしは生活が乱れる。

だから、住環境の良い場所を選んで住まわせた方がいい。
意外と繁華街が近い、日当たりが悪い、霧がかかる場所のような所では一人暮らしは大変かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱根のあじさい列車と紫陽花について

 

news.yahoo.co.jp

神奈川県の観光名所に箱根がある。
実はここはあじさいが有名な場所でもあり、この梅雨の時期はあじさい観光列車が運行していた。

 

この列車は箱根湯本から強羅まで行くのだが、途中にはあじさいが咲き誇り、四季折々の美しい風景を見してくれることから人気があった。
梅雨の時期はあじさいだが、秋は紅葉、冬は雪景色、春は新緑などそれぞれの季節で見どころがある列車だ。

 

ただ今年は夜のライトアップはないようだ。
昨今の状況から見ればわからなくないが、やはり寂しいと感じてしまう。

 

箱根の見所だが、紫陽花はそれほど多い気がしない。
箱根は意外と特定の花を売りにした公園は少なく、山全体として自然が多いように思われる。

 

梅雨の時期は意外と見どころがなく、あじさい列車は楽しいが、それ以外はイマイチだ。
箱根の植物園もあるし、湿地もある。

また有名なすすき野原もあるが、自然として有名な場所は思い浮かばない。

 

あるとすれば大涌谷だが、あれも植物ではない。

 

 

そう考えてみると、箱根は意外と花を名所にした観光先が少ない。
ひたち海浜公園のコキアやネモフィラ、足利フラワーパークの藤の花、こういった見るものが箱根では少ない。

 

これは土地の問題もあると思っていて、箱根は土地が少ない。
山に囲まれて温泉はあっても、公園のように整備できて、花を植えられる名所になる公園はないのである。

 

もし箱根にいい花の名所があれば、それぞれの季節に多くの人が訪れるだろう。
箱根といってもやはり梅雨の時期は閑散とする。

 

この時期は蒸し蒸しするし、見所もなく、植えられるのも紫陽花くらいであるため、もっと紫陽花を国道の沿線に植えたり、見所を作っても面白いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ北九州へ横須賀から行けるようになる

trafficnews.jp

こんなニュースがあった。

横須賀港から北九州へフェリーが就航するかもしれない。

 

実は関東はフェリーが就航されている港が少ない。
かつては東京から出ていた苫小牧のフェリーも現在は大洗からの就航になってしまった。

 

意外と大阪や神戸は多い。
ここから四国や九州へのフェリーは多いのだが、関東から北海道や四国、九州へのフェリーが全くないのである。

 

羽田という大きな空港があるため空を飛べば早いのだが、やはり問題もある。
フェリーは車も一緒に運べるので、自家用車で旅行できる。

飛行機では現地でレンタカーを借りる必要があり、やはり違和感がある。

 

できれば日頃から慣れた車で旅行をしたい。
ただ関東から九州へ車で行くのは大変である。

 

そういった人の助けになりそうなのが今回のフェリー就航である。
これが使えれば九州への旅行が簡単になるだろう。

 

これなら九州の湯布院、黒川、長崎など様々な場所へも旅行しやすくなる。
ただどれほど需要があるかわからないため、今後は不明だが、覚えておけば楽しい旅行になるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

九の州の高級宿は全国でも屈指のレベルといえる

 

九の州といえばもちろん九州のこと。
ここ九州にはあの有名な高級宿が多いことで知られている。

 

九州といえば湯布院が高級宿でも有名である。
ここは由布院駅周辺の広大な平地の中に風情のある温泉宿が立ち並んでいる他、山林にはひっそりと別荘のような高級宿が佇んでいる。
このように湯布院の高級旅館が数多くあることが知られており、関東をはじめ多くの人が訪れることが知られている。
九州の中でも湯布院は高級旅館が多いが、これは他にも有名な温泉地である霧島、黒川、長崎、別府よりもレベルが高い。
九州の中でも湯布院は別格であるのだ。

では、湯布院の何がいいのか。
関東の人にとって気付かされるのは、箱根や伊豆、鬼怒川温泉草津とは違い、スケールが大きい。

 

どういうことかというと、宿泊していると宿の大きさや露天風呂の広大さ、自然環境の良さに気付かされる。
伊豆や箱根は旅館の歴史もあり、海や駅前の高層階の建物が多い。

 

こういった高層階の一室が高級客室にリニューアルし、客室露天などを楽しめるタイプが増えている。

 

だが、由布院の高級宿はやや違う。
ここは高層階の旅館が少なく、離れのような客室や古い日本旅館のような広大な敷地に客室があるようなものが多い。

 

言ってみれば離れのような客室が多く、1宿あたりの宿泊人数が少ないのである。
そのため静かに過ごせる他、まるで別荘地に遊びにきたかのような印象を受ける。

 

伊豆や箱根はホテルのような建物が多いためリゾートホテルのようだが、ここ由布院は自分の持つ別荘に来たかのような印象を与えるため、やや温泉地としての価値が違う。

 

これは箱根や伊豆が海沿いにあったり、山の中にあるため敷地の関係があることや都心から近い観光地のため利益を狙って宿泊客を一部に詰めてしまったことが関係しているかもしれない。
ただ由布院にかぎってはそうではなく、関東の人にとって八ヶ岳や軽井沢、山中湖のような別荘地に行ったような錯覚をさせるのである。

 

また由布院の宿は敷地が広い。
箱根や伊豆よりも敷地が広い宿が多く、先程言ったように高層階のホテルもない。

そのため露天風呂付きの客室が豪華である。
伊豆や箱根はベランダに露天がついた宿が多いが、ここ由布院は庭に露天があったり、同じテラスでも広大なテラスに露天が付いているなどスペースが広い。

 

地価の影響などがあるのかわからないが、箱根や伊豆よりも露天を楽しめると思う。
露天好きほど由布院へ行ってほしい。

 

ここ湯布院は全国でも屈指のレベルの温泉地である。
是非ともこの由布院の高級宿に行ってほしい。